MENU

坐骨神経痛の時は運動していいのか

スポンサーリンク

坐骨神経痛は、非常に激しい痛みを伴う症状となっています。
したがってその痛みによって動くことができないという人もいます。
しかしその症状の程度は個人差があるので、比較的体を動かすことができるという人もいます。
したがって運動していいのかが気になりますが、坐骨神経痛が発生しているときには、できるだけ運動はしない方がいいのです。
現在の状態を改善するためにエクササイズ程度で運動していいと言うようになっていますが、ここで激しい運動を行ったり症状が悪化してしまうような動きは行わないように注意をします。
どうしても仕事などで激しい動きをしなければいけないと言うときは、症状を予防するためにコルセットやサポーターなどを着用することがあります。
しかし運動をすればそれだけ症状の悪化につながってしまいます。
したがってできるだけ避けるようにします。

スポンサーリンク

また坐骨神経痛の時に気をつけなければいけないことがあります。
それはエクササイズの方法です。
テレビや雑誌で紹介されているエクササイズがありますが、これは全ての人に効果があるということではありません。
人によっては逆に大きな負担になってしまうこともあります。
したがって注意が必要です。
坐骨神経痛は、症状が軽いうちは体操などを行うことによって自分で予防をすることができますしかし強い痛みがあったり、歩くことができないという場合には必ず病院を受診するようにします。
こここで医師の指導を受けるようにします。
予防や改善に関してはストレッチと筋肉運動に効果があります。
ストレッチには筋肉や背骨を伸ばして緊張をほぐすという効果があります。
筋肉運動は年齢が上がることで衰えた腰の部分や太ももなどの筋肉を強くすることができます。

スポンサーリンク