MENU

坐骨神経痛の痛みの期間について

スポンサーリンク

坐骨神経痛は激しい痛みを伴うものとなっています。
また治りにくい疾患となっています。
そこで気になるのが治療期間になります。
個々でしっかりと頭に入れておかなければいけないことは、原因がはっきりとしているものの方が治りにくいと言うことです。
坐骨神経痛の症状として、椎間板ヘルニアが原因になっているものがあります。
このように原因がはっきりとしているものもあれば、はっきりとしていないものもあります。
椎間板ヘルニアは完治しにくくなっており、それによって引き起こされるものも治りにくいと判断することができます。
完治した場合でも再発しやすいという特徴もあります。
したがって人世の中で長く付き合っていかなればいけないという人も少なくありません。
保存療法や手術などで症状を抑えることができますが、このほかに生活習慣にも注意が必要です。

スポンサーリンク

坐骨神経痛では急性期の症状があります。
日常生活に支障を来すような強い痛みを感じたときには、その痛みが足先から腰までと非常にひどいこともあります。
横になっていたも我慢することができないという場合には、病院を受診します。
急性期には基本的に安静にするというのが第一です。
しかし必ずしも絶対安静にしなければいけないと言うことはありません。
痛みの程度によって動きの制限を判断するようにします。
安静にすることで炎症が起きている部分を沈静化することができます。
坐骨神経痛の急性期の対処法は安静が基本となりますが、痛みの期間は一般的に2日から3日となっています。
また長い場合でも1週間程度となっています。
急性期の際には無理な姿勢や動作を控えます。
長時間同じ姿勢でいたり椅子に座るというような腰に負担がかかることはできるだけ避けます。

スポンサーリンク