MENU

坐骨神経痛で朝に痛いのはなぜか

スポンサーリンク

腰の痛みを抱えている人がいますが、慢性的な腰の痛みの場合には我慢をすることができ、整体などで治療をすることができます。
しかし鈍い痛みがずっと続いたり、急に激痛が走るというような症状が現れたときには、坐骨神経痛の可能性が高くなります。
坐骨神経痛になると、歩くこともできないというような人もいますが、朝起きたときに痛いと感じるという人が多くなっています。
朝起きて激しい痛みがあり、起き上がることもできないと言うことになると非常につらいです。
なぜこのように朝痛いと感じることが多くなっているのかというと、それは朝は体の筋肉が固まっているからなのです。
坐骨神経痛の痛みはなぜ発生するのかというと、神経が関係しているのではなく固まってしまった筋肉が原因となっています。
夜の間に体を動かすことがなく固まった状態のままなので痛みが強くなる傾向があります。

スポンサーリンク

しかし朝起きたときには非常に強い痛みを感じますが、ここで起きて着替えたり食事をしたりという動きを少しずつ行っていると、強い痛みが軽減されていきます。
なぜこのように軽減されていくのかというと、筋肉が動くことでほぐされているからです。
したがって坐骨神経痛の痛みを感じたときには、筋肉を動かすように心がけることが大切です。
固くなった筋肉をどうすれば柔らかくすることができるのかという点ですが、筋肉が原因となっている場合には、鍼の施術が効果があります。
痛み止めを飲んでも効果が出ないという人やブロック注射などの効果を実感することができないという場合には、原因となっているものが異なっている可能性があります。
うつぶせで寝ていたり腰の周りの血液循環が悪いという人は痛みを発症することが多くなります。
お風呂などで軽いストレッチをしておくと効果的です。

スポンサーリンク