MENU

マッサージと坐骨神経痛悪化との因果関係

スポンサーリンク

理学療法士として、以前整形外科に勤めていた私は、坐骨神経痛に悩まされている患者さんを毎日のように見てきました。
主に実施していた治療リハビリ内容は、ホットパックという物で腰部を温めながら、腰椎牽引機という機械で腰椎を引っ張り、腰椎にかかるストレスを軽減させます。

 

その後理学療法士の個別リハビリを実施します。

 

坐骨神経痛の主症状は下肢のシビレや倦怠感です。
それらに対して下肢を中心にストレッチやマッサージを行います。
気を付けないといけないのが、坐骨神経痛は原因は腰にありますが、患者さんは以外と腰の痛みは訴えません。
なので、むやみに腰のマッサージを施してもかえって悪化する場合があります。
首や腰という部分は非常にデリケートなので、直接的なマッサージには十分注意する必要があります。

 

このことは、治療を行う側も、治療される側も理解して、治療される場合も、むやみに腰をマッサージし、悪化させられるような治療院等には足を運ばない方が望ましいと思われます。

スポンサーリンク

そもそも坐骨神経は、腰椎から出て、お尻から下肢の裏側を走行しています。

 

坐骨神経痛の原因として考えられるのは、腰椎のどこかの部分で何らかの原因により、その坐骨神経を圧迫し、神経症状が現れます。

 

神経症状とは、主にシビレや倦怠感、また酷くなると強い痛み、さらには麻痺症状も現れることもあります。

 

坐骨神経痛の予防としましては、まずは腰部にかかる負担を軽減させるために、腰回りの筋力をつけることです。
腹筋や背筋群を鍛えることで腰回りを安定させます。
また、身体が硬いのも腰に良くないので、ストレッチ等の柔軟体操も重要です。
あとは普段からの姿勢も大切です。
椅子に腰掛けている時や、歩いている時も常にお腹や背中を意識し、丸くならずにしっかり伸ばし、ほどよく力を加え、ほどよい緊張感を持ちながら、キレイな姿勢を意識するだけで、予防効果は高いです。
むやみなマッサージを受けて悪化させるよりも、自分自身の普段の心掛けだけでも十分効果は高いと思います。

スポンサーリンク