MENU

坐骨神経痛の椅子や床の座り方

スポンサーリンク

腰に負担がかかることで腰痛だけでなく足に激しい痛みが走ったり、しびれが起きる坐骨神経痛は、普段の姿勢には充分気をつけましょう。

 

常に姿勢を正しく保つようにして、骨盤を歪ませないように注意が必要です。

 

 

座っている時は立っている時以上の付加が腰にかかりますから、座り方に工夫をして負担をかけないようにするのが大切です。

 

椅子に座る場合には、背筋をしっかりと伸ばしてあごを引き、お尻で立つような感覚で、これらが一直線になるように座ると効果的です。

 

 

だらんと背中を丸めてしまう座り方は骨盤を歪ませてしまいますから、背中はしっかりと伸ばして座りましょう。

 

また、椅子に浅く腰掛けてしまうと前のめりの体勢になやすいですから、深く腰掛けて椅子に腰がフィットするように座るようにしましょう。

 

 

また、足を組むと骨盤を歪ませる原因になりますから、足を組む癖があるなら直すのが賢明です。

スポンサーリンク

床に直接座る場合には、椅子に座る以上の負担がかかります。

 

腰やお尻を支えるものが何もありませんから、椅子に座る時以上に姿勢には充分注意を払いましょう。

 

 

一番腰に負担のかからない座り方は正座です。

 

椅子に座る時同様に背筋を伸ばしてあごを引き、お尻から頭の先までが一直線になるように座りましょう。

 

 

また、あぐらやぺたんこ座り、体育座りは骨盤を歪ませてしまって、腰に負担がかかりますから、坐骨神経痛悪化の元にもなります。

 

正座をする習慣を身に付けて、座布団などを活用してしびれなどを軽減させましょう。

 

 

また、座椅子を使用すると床に座る時に姿勢が作りやすくなります。

 

座椅子の背もたれが背中や腰をサポートしてくれますから、骨盤が安定して痛みの軽減になります。

 

 

この時も正座が一番良いのですが、長時間正座をしていると疲れますから、上手く座椅子を活用して足を前に伸ばし、姿勢だけは崩さないようにしましょう。

スポンサーリンク