MENU

内服薬で効かない坐骨神経痛に対するブロック注射

スポンサーリンク

腰に関する疾患は、運動器系の疾患のなかでは、発生する頻度がとても多いものになります。

 

なかでも、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に伴う坐骨神経痛は、問題となり易い症状です。

 

こうした腰を起因とする坐骨神経痛の治療法としては、近年は薬物療法が、盛んになってきています。

 

坐骨神経痛への薬物療法として、はじめに用いられることが多いのが、非ステロイド性消炎鎮痛剤です。

 

この非ステロイド性消炎鎮痛剤による治療は、内服薬を用いた方法がよく利用されています。

 

それでも十分に効かない場合には、神経障害性疼痛の全般に用いる、内服薬の使用も増えています。

 

さらにこれらの内服薬で、十分に効かない場合には、ブロック注射を実施することがあるのです。

 

このブロック注射の、具体的な実施方法と成分には、いくつかの種類が存在しています。

スポンサーリンク

整形外科をはじめとして、もっともよく行われている方法は、仙骨硬膜外に実施する方法です。

 

この方法は、仙骨自体が皮膚から浅い位置に存在しているために、手技が比較的容易になります。

 

そのため、整形外科ばかりではなくて、多くの医療機関で、利用される機会が多くなるのです。

 

また、腰部硬膜外に実施する方法が、麻酔科あるいはペインクリニックにおいてよく行われています。

 

腰部硬膜外は、腰椎と腰椎の隙間に位置するために、レントゲン透視下で行われることもあります。

 

レントゲン透視下では、細かな操作が可能になって、より高い効果を発揮出来る可能性があるのです。

 

そのほかの方法としては、腰や仙骨の神経叢を狙うものや、痛みの根源の神経根を狙う場合もあります。

 

次に成分としては、局所麻酔薬を利用することが一般的です。

 

また、より効果を期待する場合には、ステロイドを含ませることもあります。

スポンサーリンク