MENU

坐骨神経痛とふくらはぎの激痛について

スポンサーリンク

坐骨神経痛という症状がありますが、これは体のさまざまなところに症状が現れるようになっています。
そのなかでも一番症状が現れる部分がふくらはぎになります。
坐骨神経痛の症状は人間の腰の部分をはじめとして広がっていくというのが大きな特徴です。
腰から太ももへ向かって痛みが移動し、太ももからふくらはぎにかけて痛みが移動をして、最終的に足の裏側に痛みが発生するようになっています。
症状が悪化すると激痛が走るようになっています。
とくにふくらはぎに症状が見られるという場合には、症状が進んでいるという目安になります。
また悪化していると判断することもできるので、病院を受診するようにします。
このときにはおしりの筋肉に負担がかかっていると言うことだけではなく、太ももの裏側にも負担がかかっています。
したがって治療の際にはこの療法を改善することが必要になります。

スポンサーリンク

激痛が走ったときには、腰やおしりに湿布などを貼るだけでは完全に治療をすることができません。
足に湿布を貼るという人がいますが、これでは症状が変化すると言うことがあまりありません。
痛みが消えないことが多いです。
ふくらはぎが痛いからと言ってこの部分をストレッチするのではなく、太もものストレッチを行う方が症状が回復します。
ここで大切なことは、根本的な原因をしっかりと回復させると言うことになります。
激痛が走って我慢することができないという場合には、鎮痛剤を利用するという方法もあります。
鎮痛剤だけでは完全に回復することはありませんが、一時的に痛みを軽減させることができます。
痛みが軽減すると次に何を行う必要があるのかをしっかりと考えることができます。
鎮痛剤で症状が治まれば筋肉に症状が発生していると言うことになるので、この部分の治療をしっかりととすることが必要と判断できます。

スポンサーリンク