MENU

坐骨神経痛では何科の病院に行けばよいか

スポンサーリンク

坐骨神経痛とは、坐骨神経が何らかの原因で圧迫されることにより生じる神経痛のことを言います。
坐骨神経とは腰部や骨盤、臀部を通り、膝の裏側で総腓骨神経と脛骨神経に分岐し足先まで走行する神経です。
坐骨神経は非常に太い神経で、人体の中で最も太い神経でもあります。
また、長さもある神経で、末端までの長さは1メートル以上と言われています。
この神経の通り道に沿って痛みを生じるのが坐骨神経痛です。
坐骨神経痛では腰痛や臀部の痛みのほか、神経の走行に沿うように足のしびれや痛みが生じることがあります。
どこか一箇所に限局した痛みよりも、臀部から足の方まで放散する痛みであることが多いようです。
痛みの程度はさまざまで、なんとなく違和感を感じる程度から、眠れないほど痛むこともあります。
では、坐骨神経痛かもしれないと思ったら何科の病院に受診すればよいのでしょうか。

スポンサーリンク

坐骨神経痛を引き起こす原因として多い疾患は、椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群などです。
いずれも、診断や治療は整形外科の分野となります。
何科にかかればいいか迷ったら、整形外科を受診してください。
整形外科では、レントゲンやMRIなどの画像診断によって痛みの原因を調べることができます。
特に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の場合は、椎間板の狭窄している部位や、どの神経が圧迫されて痛みが起こっているかを確定できる場合が多いです。
痛みをとるために鎮痛剤が処方されることもありますし、ホットパックなどの理学療法を行っている病院もあります。
痛みが強い場合は硬膜外ブロックや神経根ブロック治療が選択されることもあります。
適応があれば、手術という選択肢も考えられます。
病院の治療のみではなかなか痛みが取れない場合、鍼灸や整体などの代替医療を試みる方も多いようです。
坐骨神経は大きな神経であり、下肢に通じている重要な神経です。
まずは整形外科できちんと検査を受けることをお勧めいたします。

スポンサーリンク