MENU

ふくらはぎの痛む坐骨神経痛とストレッチ

スポンサーリンク

坐骨神経は、人体に分布している神経の中で最も太い神経であり、起点から抹消にかけての長さは1メートル以上もあります。
神経の走行は腰部から始まり、臀部を通り膝の裏で2本に分岐し、足の先まで伸びています。
坐骨神経が様々な原因により圧迫されると、痛みを生じることがあります。
これを坐骨神経痛と言います。
坐骨神経痛は、単に腰痛やお尻の痛みとして認識されることもありますが、多くは大腿やふくらはぎへと痛みが走ります。
痺れを伴うこともあり、時には足の指まで痺れが及ぶことがあります。
痛みや痺れなどの症状は、片側に出現することが多いのですが、神経の圧迫されている部位や程度によっては両側性となることもあります。
では、実際の坐骨神経痛の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
坐骨神経痛の病院での治療は主に安静療法や薬物療法などの対症療法となることが多いようです。
すぐに症状が治まることもありますが、神経の圧迫を起こしている原因によっては痛みが長引いてしまう場合もあるようです。

スポンサーリンク

慢性化した痛みを和らげるためには色々な方法があります。
整体や、マッサージ、鍼灸などの治療は人によっては高い効果が得られるようです。
自宅で出来るストレッチや体操なども、手軽に実践できる方法の一つです。
仰向けに横たわり、両膝を抱えて左右に体を動かしたり、片方の足をもう片方の足の大腿の上に重ねて、お尻から大腿を伸ばす方法、立った状態で踵からふくらはぎを伸ばす方法などがあります。
注意したい点は、急性の痛みがあるときにはストレッチは無理に行わないことです。
無理に行うことで症状が悪化してしまうこともあります。
どちらかというと、ストレッチは痛みを和らげる直接的な効果よりも、予防的な効果が高いと言えます。
また、ストレッチは腰部だけではなく全身の血行を促します。
また、ストレッチを続けることで適度な柔軟性が生まれ、別の整形外科疾患を予防することにも繋がります。

スポンサーリンク