MENU

坐骨神経痛とアルコールなどの飲酒について

スポンサーリンク

急に腰を中心に激しい痛みに襲われると言うことがあります。
これは坐骨神経痛と呼ばれていますが、基本的には腰に負担を掛けないように、痛みが治まるまで安静にすると言うことが大切になります。
体の痛みと言うことで、アルコールなどの飲酒も控えた方がいいのかと考える人がいますが、坐骨神経痛を発症したときに軽い飲酒程度であればとくに大きな問題はありません。
実際にアルコールを摂取することが好きな人はたくさんいます。
したがってとくに制限されるというようなことはありません。
しかし普段からたくさんの量の飲酒をするという人の場合には注意が必要です。
毎日必ずお酒を飲むというような人や、1回でたくさんの量を飲むという人の場合は、少し控えるように心がけることが必要です。
お酒を飲んだときには肝臓の中から害のある物質が出てくることがあります。

スポンサーリンク

このような有害物質は、普段から少ない量のお酒を飲むという人の場合には体の中に出回る量が少なくなっています。
しかし毎日の無という人や、たくさんの量を飲むという人は肝臓で出された有害物質が体中を巡り、筋肉や関節部分にダメージを引き起こすようになっています。
このような有害物質が関節に付着することで、関節の動きを制限してしまいます。
このほかには関節部分にあるクッション部分をもろくさせてしまうこともあります。
坐骨神経痛の原因として筋肉が固くなることがありますが、関節の動きが固くなっても痛みが発生します。
したがって普段から飲酒の習慣があったりその量が多いと感じている人は、量を減らすことで痛みが改善されてしびれも解消すると言うことがあります。
しびれの直接的な原因がアルコールとなっていることもあるので、少し控えるようにします。

スポンサーリンク