MENU

太ももの前が痛いという症状等と坐骨神経痛について

スポンサーリンク

 坐骨神経痛とは何等かの理由で坐骨神経という神経が圧迫や刺激を受けて、様々な症状が現われる事を言います。
よく聞く名前ではありますが、これはあくまでも症状名であって病名ではないです。
つまり、この症状を発生させる病気が別にあって、その病気の影響で坐骨神経痛が現われるのです。

 

 

 この症状を引き起こす原因となる病気として代表的なものに、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症等があります。
これらの病気は坐骨神経を圧迫する可能性が高いので、坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。

 

 坐骨神経とは腰の辺りから足の指先まで伸びている神経で、神経の中でも非常に長い神経と言えます。
神経が届いている範囲が長いために、圧迫や刺激によって症状が現われる範囲も広くなってしまいます。
ただし坐骨神経が伸びているのは腰から下半身にかけてなので、上半身に症状が出る事はないです。

スポンサーリンク

 坐骨神経痛の代表的な症状としては、腰や太もも、ふくらはぎ等に現われる痛みや痺れが挙げられます。
一箇所だけに症状が現われたり、複数の箇所に症状が現われたりと様々なタイプがあります。

 

 ただし、坐骨神経は腰や脚の後ろ側に伸びている神経なので、痛みや痺れは基本的に後ろ側に現われます。
つまり太ももの前側等に痛みや痺れが起きる可能性は、とても低いと言えるのです。
もしも太ももの前側等に痛みや痺れがある場合には、他の病気も疑ってみたほうが良いです。

 

 

 坐骨神経痛の治療方法としては、まず最初に薬物療法を行なう事が多く、痛みを和らげる薬が処方されます。
それ以外にも筋肉の緊張をほぐす薬や、血流を改善するための薬等が処方されるケースもあります。

 

 他の治療方法としては、注射で局所麻酔をして痛みを遮断する神経ブロック療法や、リハビリ等を行なう場合もあります。

スポンサーリンク