MENU

坐骨神経痛で激痛で痛いときや動けないときには

スポンサーリンク

坐骨神経痛は腰痛と同じと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
普通の腰痛と比べると激しい激痛に襲われるというのが大きな特徴です。
したがって痛いときには動けないというのも珍しいことではありません。
またこの痛みがいつ終わるかもはっきりとしていません。
これがつらさをさらに大きくしています。
その日の体調や姿勢によってどこに現れるのかが異なっていますが、足が痛くて歩くことができなかったり、椅子に座ることができないというような人もいます。
坐骨神経痛は激痛によって動くことができない状態になりますが、少しの時間休むことで回復するという人が多くなっています。
腰椎から出ている坐骨神経が圧迫されることで、痛みが発生し動けないという状態になります。
ここで圧迫がひどくなると痛みが激しくなり、最悪の場合動けなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

このような状態になる前に予防をするというのが大切なことですが、坐骨神経痛が発生しやすい原因の一つに運動不足があります。
姿勢が悪いと言うことも関係しているので、これらを改善するように毎日の生活の中で心がけることが大切です。
腰が痛いときにはどのように対処をすればいいのかというと、基本的には安静を心がけます。
また歩くことができないと言うときには一時的に効果がある痛み止めやブロック注射を利用するという方法があります。
しかしここで気をつけなければいけないことがあります。
それはこれらの方法は一時的な対処法であるという点です。
薬の効果が切れると再び痛みが発生します。
したがって痛みがないときにその原因を突き止めて、根本的に解消する方法を実践することが大切です。
足や腰に負担を掛けるような姿勢は避け、正座や畳や床でのあぐらは控えるようにします。

スポンサーリンク