MENU

坐骨神経痛の痛み止めと市販薬について

スポンサーリンク

薬局やドラッグストアではさまざまな薬が販売されていますが、そのなかで痛み止めもたくさんあります。
腰に痛みが発生する症状として坐骨神経痛がありますが、市販薬の中で坐骨神経痛の痛みを和らげるものがあるかが気になります。
薬局で市販されている市販薬の中には、基本的にその症状を大きく改善してくれるようなものはありません。
しかし症状を少しでも軽減してくれるような市販薬はあります。
それは一般的な痛み止めを使えば効果を実感することができます。
しかし効果はある一定の効果までしかないということをしっかりと頭に入れておきます。
薬剤師に相談をするという方法がありますが、この場合でも劇的に回復するというようなものはありません。
流通していないことが多くなっています。
坐骨神経痛というのは薬で解決することができるものではありません。

スポンサーリンク

神経痛とは、末端神経が刺激されて発生する痛みになります。
原因がはっきりとしていないことや病気やケガが関係していると言うこともあります。
神経痛は非常に診断が難しくなっていますが、まずは専門医を受診するようにします。
市販薬と同じように病院では消炎鎮痛剤が処方されます。
これは一般的に販売されている痛み止めと同じです。
炎症や痛みに非常に効果を発揮する薬となっています。
したがって一時的に発生する神経痛の場合には、消炎鎮痛剤を服用することで痛みが軽減していきます。
しかし神経痛の中にはこのような消炎鎮痛剤が効かないこともあります。
また長期にわたって服用することで胃腸などの内臓に大きな負担をかけてしまいます。
病院で処方される場合は、このような可能性を考慮して量を調整してくれるようになっています。
市販薬を使う場合には、効果がない場合には一度中止して薬剤師に相談してみるようにします。

スポンサーリンク