MENU

痛い坐骨神経痛で夜眠れない場合の対処法について

スポンサーリンク

坐骨神経痛の痛みが強くて、夜よく眠れないという人がたくさんいます。
痛い、痛いと思い続けていると、筋肉の緊張が高まって余計に痛みが強くなってしまいますので、あまり深刻になりすぎないことが肝心です。
しかし、そうは言っても、夜によく眠れないと日中の活動に支障をきたしてしまいます。
ですので、何らかの工夫を施し、十分な睡眠を確保する努力をした方がよいです。
そもそも坐骨神経痛自体は、病気の名前ではありません。
様々な原因によって引き起こされる腰部分の痛みの症状を指す言葉です。
したがって、まず一番に行う必要があるのは、坐骨神経痛を引き起こしている原因疾患の治療です。
そもそもの原因となっている病気を治療することができれば、神経痛の方も自然に起こらなくなります。
また、痛みを抑える効果がある内服薬の服用や湿布も効果的です。
一時しのぎの効果しかないと否定的に捉える人が少なくありませんが、症状の悪化を防ぐことができます。

スポンサーリンク

 夜間の痛みによる睡眠障害を何とかしたいと考えている場合は、寝る時の姿勢に注意することが大切です。
骨盤や腰椎に何らかの問題があり、それが原因となって坐骨神経痛が発生しているケースがとても多いため、骨盤や腰椎になるべく負担がかからない姿勢で寝るようにするのが一番です。
望ましいのは横向きになって寝る方法です。
一般に、背中を丸めて膝を曲げ、お腹の中の胎児のような格好をして寝るのが最も腰に負担がかからない寝方だと言われています。
逆に最も望ましくない姿勢は、うつぶせです。
うつぶせの姿勢を取ると腰椎が強く反り返りますので、腰に悪い影響があります。
ただし、実際には、うつぶせになろうとしても痛みでその姿勢を取ることができないという人が多いです。
また、仰向けも腰椎や骨盤に大きな負担がかかるため、痛みで眠りを中断されてしまう可能性が高いです。
たとえ寝入りばなに横向きの姿勢を取っていても、眠っている最中に自然と仰向けになってしまい、痛みで目が覚めてしまうという人がたまにいます。
そのような人は抱き枕を使って、仰向けにならないような工夫をして寝るとよいです。

スポンサーリンク