MENU

坐骨神経痛の手術費用や入院期間について

スポンサーリンク

坐骨神経痛は非常に激しい痛みに襲われるものとなっていますが、症状が比較的軽い場合には絶対安静を心がけ、患部を冷やしたりすることで症状を回復させることができます。
しかしあまりにも症状がひどいと言うことになれば、病院での手術や入院の必要があります。
坐骨神経痛の手術や入院期間や費用に関しては気になるところですが、これは原因疾患によって異なっています。
レーザー治療やPN法という場合には、比較的入院期間は短くなっています。
日帰り手術をすることができたり、1週間程度で済むと言うこともあり患者の体に負担をかけることが少なくなっています。
しかしこのほかに内視鏡やMED法といわれるものでは、施術をすることができる病院や医師が少なくなっています。
脊椎固定術や椎弓切除術などは3ヶ月から6ヶ月という入院期間となっています。

スポンサーリンク

これらは椎間板ヘルニアが原因となっている坐骨神経痛の治療です。
外科的手術が行われるというのは最終的な手段となっています。
したがって治療に関してはしっかりと医師と相談することが大切です。
また治療の際にはどのくらいの費用が必要になるのかが気になります。
レーザー治療の場合には入院をする必要がなく施術時間も比較的短くなっているので安いと考えている人がいますが、ここでは保険適用外となっているので費用は30万円から60万円程度となっています。
安全性が高く日帰りで手術を受けることができるPN法と呼ばれている方法は保険適用となっています。
また痛みを軽減させるために注射治療を受けるという人がいますが、基本的に費用が高くなるということはありません。
注射に関しては患者の3割の負担で5000未満というところが多くなっています。

スポンサーリンク