MENU

ヘルペスによる激痛を伴う坐骨神経痛の原因と対処

スポンサーリンク

坐骨神経痛は、世間においてよく知られている名称ですが、これはあくまで症状を示しているだけです。

 

そのため、治療を行うためには、何が痛みの原因か知って対処することが大切です。

 

なかでも、ヘルペスによる坐骨神経痛は、激痛を伴うことが、珍しくありません。

 

ヘルペスは、帯状疱疹とも呼ばれますが、ヘルペスウイルスが原因になります。

 

ヘルペスウイルスの感染パターンとして、もっとも多いのが、子供のときに罹患する水疱瘡です。

 

子供の水疱瘡の水泡は、全身に広がることもありますが、多くは短期間のうちに改善します。

 

ここで問題となるのは、水泡が無くなっても、ヘルペスウイルスが体内に残っていることです。

 

とくに、この残っている場所が問題で、体内を走行している神経に、潜伏して残っているのです。

 

神経に潜伏しているヘルペスウイルスは、日常は何ら活動していません。

スポンサーリンク

ところが、何らかの原因で免疫力が低下すると、ヘルペスウイルスが活動を再開するのです。

 

ヘルペスウイルスの活動が、坐骨神経で再開すると、坐骨神経痛を発症します。

 

しかしこの場合には、神経そのものを拠点として炎症を起こしますので、激痛になり易いのです。

 

このヘルペスによる神経痛の対処は、まず抗ウイルス薬を使用することが、よく行われています。

 

なかでも、抗ウイルス薬の軟膏と内服薬を用いることが、一般的です。

 

しかし、症状が強い場合には、抗ウイルス薬の点滴を用いることもあります。

 

それでも激痛が継続するようなケースでは、麻酔科に入院をして加療します。

 

麻酔科は、痛みをコントロールする能力に優れた科で、こうしたケースでもよく利用されるのです。

 

ヘルペスによる強い坐骨神経痛の対処が遅れますと、神経痛が後遺症として残る場合があります。

 

したがって、坐骨神経痛がある場合には、ヘルペスを念頭に対処すると、後遺症を残さずに済みます。

スポンサーリンク