MENU

肥満や疾患が原因で発症する坐骨神経痛の予防と対処法

スポンサーリンク

坐骨神経とは体の神経の中で最も太くて長い抹消神経です。
この坐骨神経が圧迫などの刺激を受けると、腰・お尻・太ももなどに激痛や痺れなどの症状が現れます。
これらの痛みを坐骨神経痛と言います。
坐骨神経痛の原因となる疾患が、腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症、変形性腰椎症とされています。
腰椎椎間板ヘルニアとは、骨と骨とのクッションの役割をしているい「椎間板」とう軟骨が、飛び出すことで神経を圧迫し発症する疾患です。
長時間の中腰姿勢や前傾姿勢、腰に負担のかかる重い物を急に持ち上げた際などに、発症するリスクが高いとされています。
次に腰部脊柱管狭窄症とは、生まれつき脊柱管が狭い、または加齢によって腰椎が変形し脊柱管が狭くなることが原因で発症します。
腰部脊柱管狭窄症は加齢が原因で発症するケースがほとんどです。

スポンサーリンク

坐骨神経痛の原因とされている変形性腰痛症とは、腰椎自体が大きく変形し神経組織を刺激・圧迫する疾患です。
腰椎の変形は加齢や長時間の同じ姿勢、過度の腰への負担が要因となり、引き起こされます。
坐骨神経痛の予防として、まずは肥満の予防が重要です。
肥満だと常時腰に負担がかかる為に、坐骨神経痛の原因である疾患を発症させるリスクを高めてしまいます。
食事は栄養のバランスを考え、油分・脂肪の多いメニューはなるべく控えるようにしましょう。
そして適度な運動を心がけましょう。
ただし運動をする場合は腰に負担がかかるスポーツや、激しい運動は坐骨神経を痛める要因となりますので注意が必要です。
次に長時間の同じ姿勢をとらないこと、急に重い物を持ち上げないことを日頃より意識しておくことも確実に予防となります。
最後に坐骨神経に影響を与える疾患の早期発見の為に、腰周辺やお尻、太ももの痛みが続く場合には早期に整形外科を受診することが大切です。

スポンサーリンク